パナソニック・アーキスケルトンデザインのテクノストラクチャー工法、大空間リビング実現の「フォルカーサ ラウンジスタイル」 | 住宅産業新聞

パナソニック・アーキスケルトンデザインのテクノストラクチャー工法、大空間リビング実現の「フォルカーサ ラウンジスタイル」

パナソニック・アーキスケルトンデザイン(大阪府門真市、松本雄太郎社長)は25日、耐震性能等級の等級3に対応することを特徴とするテクノストラクチャー工法の戸建住宅商品ラインアップに、1階リビングを1室丸ごと大空間にできる2階建てコンパクト住宅「FORCASA LOUNGESTYLE(フォルカーサ・ラウンジスタイル)」を追加する。

1階リビングに柱が無いため「将来的に居住者やライフスタイルが変わる場合にも間取り変更の制約が少なく、リフォームやリノベーションにも柔軟に対応できる」構造を、パナソニック・ビルダーズグループの加盟店に訴求する意向だ。

2019年09月19日付4面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)