VR住宅展示場で仮想と現実の連携加速、需要顕在化に焦点

VR展示場を体感中VR展示場を体感中

集合住宅向けインターネット回線事業大手のギガプライズ(東京都渋谷区、梁瀬泰孝社長)など3社のコラボレーションによるVR(バーチャルリアリティ)住宅展示場が10日、国内最大規模のショッピングセンター・イオンモール幕張新都心にオープンした。

事業者向けのVR端末を展開するナーブ(東京都千代田区、多田英起CEO)の遠隔通話機能付きVR端末「どこでもストア」を通じて、大手7社のモデルハウスを体感できる。同展示場の狙いは「住宅検討のきっかけ作り」。VRで大手各社のモデルハウスを気軽に体験し、住宅取得意欲を高めてもらう。

VR展示場の開設に協力した総合展示場運営会社のエイトノットアンドカンパニー(東京都港区、室田直也社長)は、「潜在客の顕在化につなげたい」と期待する。

住宅展示場で、『仮想』と『現実』の連携が加速する。

2019年08月15日付2面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください

コメントを残す

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)