日本CFS建築協会、薄板軽量形鋼造の普及へ地ならし=耐久性・施工性の高さ強みに

薄板軽量形鋼造の住宅の施工現場薄板軽量形鋼造の住宅の施工現場

薄板形鋼を構造部材に使用した住宅や建築物の国内普及を目指す、一般社団法人日本CFS建築協会(曽田五月也会長)は、構造設計者向け講習会やCFS建築先進国のニュージーランドへの視察ツアーなどを企画し、CFS建築の認知向上に力を入れる。

昨年度に実施した耐火構造試験の結果、今夏中にも60分準耐火構造の性能評価の認定を取得する見込みで、協会加盟企業からCFS建築向け構造設計ソフトも発売される予定だ。

腐朽や蟻害に強い耐久性やドリルねじとボルトで建築できる施工性の高さを強みに、薄板軽量形鋼造を、木造、鉄骨造、RC造に次ぐ新たな構造としての地位を狙う。

2019年07月04日付1面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

全国の話題から(外部サイト)

コメントを残す

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)