新海誠監督の最新映画「天気の子」にミサワホームが協賛=コラボCMや展示場連動企画など展開 | 住宅産業新聞

新海誠監督の最新映画「天気の子」にミサワホームが協賛=コラボCMや展示場連動企画など展開

ウェブ先行配信記事

ミサワホーム(東京都新宿区、磯貝匡志社長)は1日、7月19日に公開される新海誠監督の最新作「天気の子」に協賛したと発表した。コラボレーションCMの放映やコラボレーションサイトの公開、全国の住宅展示場で応援企画を実施する予定だ。

同社が6日から全国で実施する住まいフェア「ALL MISAWA DAY」では、天気の子のタイアップキャンペーンを展開する。期間中、映画本編シーンと同社の住まいをイメージした新規カットを加えたコラボCMを放送。主人公の帆高・陽菜と、映画本編にも出演する女の子・未来(みき)とのサブストーリーを描きながら、防災住宅に欠かせない『災害前の「備え」・災害時の「守り」・災害後の「支え」』のメッセージを発信する。

さらに、同社住宅展示場などで住まいづくりのアンケートに回答した人に、映画のビジュアルを用いて制作したリーフレットやうちわ、カンパン、クリアファイルなどのコラボレーショングッズをプレゼントする。

今回の協賛について、同社は

全世界待望の新海監督の最新作『天気の子』は、『天候の調和が狂っていく時代』を背景に物語が描かれています。近年、日本では、地震や豪雨など大規模な自然災害が多発し、多くの被害が発生したことで、住まいづくりにおいて、防災・減災に対するニーズがこれまで以上に高まってきています。ミサワホームでは、創業以来、地震による建物の倒壊ゼロという実績に裏付けられた強靭な躯体性能をベースに、平常時・災害時・災害後のいずれにおいても安全・安心な暮らしを支える住まいの防災・減災デザイン『MISAWA-LCP ミサワエルシーピー』を策定し、住宅のレジリエンスを強化した住まいを提案しています。映画の背景とミサワホームの住まい提案との親和性が高いため、『備える・守る・支える、ミサワホーム』のメッセージとともに、映画『天気の子』を応援します

と説明している。

全国フェア「ALL MISAWA DAY」の概要は、特設サイト(https://www.misawa.co.jp/allmisawa/)へ。「ミサワホーム|天気の子」コラボレーションサイト(https://www.misawa.co.jp/tenkinoko/)では、映画のキャラクターやストーリー設定、コラボCMの映像などを紹介している。

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

コメントを残す

こんな記事も読まれています

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10MB)