ミサワホーム、主力商品「エムジェイウッド」に耐火仕様設定、都心へ進出

都心に建つMJ Woodのイメージ都心に建つMJ Woodのイメージ

ミサワホーム(東京都新宿区、磯貝匡志社長)は13日、木造軸組構法「MJ Wood(エムジェイウッド)」に1時間耐火仕様を設定した。

これまで、防火規制の厳しい都心部では、仕様や部材を個別に検討・選定しなければならず、すでに耐火仕様を揃える木造住宅メーカーと競合した場合、遅れをとっていたという。

耐火仕様の設定を機に、都心回帰で住宅需要が旺盛なエリアに本格参入する。

国が推進するコンパクトシティ構想に絡めた同社の主要事業「まちなかソリューション」との相乗効果も期待できそうだ。

2019年03月21日付2面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

全国の話題から(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

コメントを残す

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)