大和ハウス工業、緑と共存する暮らし方を提案 | 住宅産業新聞

大和ハウス工業、緑と共存する暮らし方を提案

大和ハウス工業は10日、地域密着型オープンハウス「グリーンと暮らすまちなかジーヴォ」(千葉県流山市)を一般公開した。「青山フラワーマーケット」を運営するパーク・コーポレーション(本社・東京都港区)の空間デザインブランド「parkERs(パーカーズ)」とコラボレーションし、人と緑が共存する新しい暮らし方を提案する。40歳以上の男女のうち約半数が「花や緑のある生活」を望んでいるとの調査結果が出ており、30~40歳代をターゲットに注文住宅において今回のソフト提案を行う。同社では「グリーンと暮らすまちなかジーヴォ」での反響を踏まえ、分譲住宅において全国展開するかを判断する。

2017年08月24日付2面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)