店舗付き賃貸などで成長持続、大和ハウス工業賃貸住宅事業 | 住宅産業新聞

店舗付き賃貸などで成長持続、大和ハウス工業賃貸住宅事業

大和ハウス工業は、賃貸住宅事業において店舗付き賃貸住宅やグループホーム、サービスアパートメントなどを強化していく方針を明らかにした。2016年度の同事業売上高9772億円のうち請負・分譲で5091億円。請負・分譲のうち約85%を占める2階建てや3階建ての低層賃貸住宅建設は、17年度において「ほとんど変化がない」(堀福次郎取締役専務執行役員集合住宅事業担当)とみており、店舗付き賃貸住宅やサービスアパートメントなどの伸びで請負・分譲の成長につなげていく。「将来的には(低層賃貸住宅を)50%にしないと伸び率は下がる」(同)とし、低層賃貸住宅のみでは事業の成長は期待できないとの見方を示した。

2017年07月27日付1面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

コメントを残す

こんな記事も読まれています

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10MB)