ZEH推進協を設立、一般工務店による供給課題

経済産業省ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)ロードマップ検討委員会の委員で、全国工務店協会(JBN)のZEH委員会の小山貴史委員長が代表発起人となり、一般社団法人ZEH推進協議会が14日に設立された。主な事業内容は、地域に密着した工務店などZEHビルダーおよびビルダー登録を目指す事業者向けにZEHやBELS(建築物省エネルギー性能表示制度)についての情報提供や啓発セミナーを実施するほか、消費者向けにはZEHポータルサイトを運営し、ZEHを広く訴求する。ZEHビルダー登録事業者を会員とするだけでなく、住宅建材や設備機器メーカーなども組織に含める。協議会は、22日より業務を開始。ホームページは7月下旬の公開を目指している。

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

2017年06月22日付3面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)