積水ハウス、マンションリノベ本格化、新ブランド「リノベッタ」立ち上げ

積水ハウスは、マンションリノベーション事業を強化する。同社グループの積和建設は、プロダクトデザイナーの喜多俊之氏が監修するブランド「RENOVETTA(リノベッタ)」とコラボし、マンションリノベーションの新ブランドを立ち上げた。三大都市圏で重点的に展開する予定で、8日に横浜市の住宅展示場内にリノベッタ専用ショールームをオープン。築20年以上の分譲マンションストックは296万戸あり、60~80平方メートル・2DK~3LDKの「一番のボリュームゾーン」(伊久哲夫取締役専務執行役員技術本部長)をターゲットとする。新ブランドは、今年度で数十億円規模を見込んでいる。同社は、新ブランド導入をきっかけにマンションリノベーション拡大を図り、できるだけ早期にグループのリフォーム売上高2千億円達成を目指す。

2016年04月14日付2面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)