積水ハウスと色麻町、子どもに防災教育、学校での授業も検討

ハウスメーカーと自治体の防災連携が新たな段階に入った。積水ハウスは、宮城県加美郡色麻町立の小中一貫校「色麻学園」で防災教育カリキュラムを実施する方向で検討している。色麻町にある同社東北工場の提案で、昨年11月に色麻学園の小学生に対して試験的に行った防災の授業が好評だったことから、2016年度中にカリキュラムに組み込むことを協議している。同社と町は、東日本大震災を機に防災協定を締結し、防災訓練や見学スペース「東北・住まいの夢工場」を災害時に避難所として活用するなどの取り組みを進めてきた。また、昨年5月末には東北工場で、町内の小学生を対象にしたワークショップを開いており、同社は町と協力して将来の防災リーダーとなる人材育成を行う。

2016年03月10日付2面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)