子どもの勉強場所、「子ども部屋」と「リビングダイニング」ともに約4割=野村不アーバンネット調査

野村不動産アーバンネット㈱(本社:東京都新宿区、宮島社長)は、子育てと住まいを考える情報サイト「ノムコム with Kids」にて、第4回アンケートを実施し発表した。それによると、子どもが勉強する場所は、「子ども部屋」と「リビングダイニング」がそれぞれ約4割とほぼ変わらない結果となった。子ども部屋は全体の53・1%が「ある」と回答したが、持ち家と賃貸では子ども部屋保有率に27・2ポイントも賃貸の方が少なかった。子ども部屋で工夫したことは、締め切らず子どもの様子がわかるようにした、リビングを通って子ども部屋に行くようにした、子どもの姿が見えるよう机を配置など、家族の視線や気配を感じ取れるよう配慮した。
このアンケートは、「子ども部屋についてのアンケート」で、子ども部屋の有無や用意したきっかけ、子ども部屋を用意したことでの影響を聞き、居住形態や兄弟の有無、子どもの年齢によってどのような違いがあるのかを、子ども部屋についての工夫とともに紹介している。

現在、お子様の子ども部屋(個室)はありますか?

居住形態別 ある ない
賃貸(マンション・アパート)/ 31.8% 68.2%
寮・社宅 / 27.3% 72.7%
賃貸(一戸建て) / 68.0% 32.0%
持ち家(マンション) / 59.0% 41.0%
持ち家(一戸建て) / 75.7% 24.3%
親族同居 / 55.6% 44.4%

間取り別 ある ない
1LDK(K・DK) / 5.7% 94.3%
2LDK(K・DK) / 27.7% 72.3%
3LDK(K・DK) / 54.9% 45.1%
4LDK(K・DK) / 84.7% 15.3%
5LDK(K・DK) / 93.8% 6.3%

お子様が勉強や宿題をする場所は主にどこですか?

世代別 リビングダイニング 子ども部屋 まだ勉強してない
未就園児 / 11.1% 33.3% 55.6%
園児 / 46.2% 7.7% 46.2%
小学校低学年(1~3年生)/ 76.4% 19.4% 4.2%
小学校高学年(4~6年生)/ 63.3% 36.7% 0%
中学校 / 62.5% 37.5% 0%
高校生以上 / 27.3% 72.7% 0%

次ページでは子ども部屋のメリット、工夫のアンケート結果

住宅産業新聞は業界の幅広いニュースを掲載しています
定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

全国の話題から(外部サイト)

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)