イケアと3大学が共同研究「子ども室プロジェクト」、大人と子どもに思考ギャップあり | 住宅産業新聞

イケアと3大学が共同研究「子ども室プロジェクト」、大人と子どもに思考ギャップあり

大人の考える子ども室と子どもの望む子ども室に思考ギャップあり。子ども自身が家具の配置などを考えて作り上げた部屋のほうが、落ち着き度や集中力が高まる――。

イケア・ジャパン(千葉県船橋市、ミカエル・パルムクイスト社長)は、東京電機大学(勝又洋子理工学部教授)、日本大学(本杉省三理工学部教授)、芝浦工業大学(清水郁郎工学部准教授)との産学連携による研究プロジェクト「子ども室プロジェクト」の途中経過報告会を開催した。

2013年1月24日付け4面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

コメントを残す

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)