子どもの勉強場所、「子ども部屋」と「リビングダイニング」ともに約4割=野村不アーバンネット調査

子ども部屋を用意したことでのメリットは何ですか?

自立心が芽生えた(勉強や着替えなどを一人で行うようになった)/44.4%
プライバシーが保たれるようになった/32.3%
勉強をするようになった/24.1%
遊ぶスペースが広がり、遊びの幅が広がった/20.7%
片づけができるようになった/18.5%
子どもが散らかしても気にならなくなった/12.5%
きょうだいケンカが減った/6.9%

子ども部屋について工夫したことは何ですか?(回答の一部)

・リビングの隣を子ども部屋にし、しめ切らないことで、子どもの様子が分かる。勉強でわからないことがあった時にすぐに聞きやすい。
・リビングを通って子ども部屋に行く道順にした。
・棚の崩壊や物の落下を防ぐために、低い棚を用意し、その上には何も置かないようにした。
・ぶつかっても怪我をしないように、角を作らないようにした。
・学習中の子どもの姿が見えるように、机を配置した。

【調査概要】
調査時期:2015年10月16日(金)~11月10日(火)、調査対象:ノムコム会員(子育て中の親)
有効回答数:437人、調査方法:インターネット調査

住宅産業新聞は業界の幅広いニュースを掲載しています
定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)