パナホーム、高級木造住宅へ参入、18年度までに1千棟の受注目指す

パナホームは2016年度から高級木造住宅事業へ参入する。まず、16年4月に東京都世田谷区の駒沢展示場にモデルハウスを出展し、16年度中は東京の城西地区を中心に1チームで富裕層向けに受注活動を行う。ここで高級住宅に関するノウハウを蓄積し、名阪へ展開を拡大し、18年度までに1千棟の受注を目指すとしている。高級木造住宅における具体的な戦略について、藤井康照社長は「来年4月の展示場オープン時に改めてお話ししたい」とした。

高級木造住宅は、軸組工法で1坪(約3・3平方メートル)単価で100万円以上を想定している。付加価値の高い新たなブランドを創出することを狙っており、大空間、本物素材のこだわりデザインで新たな生活スタイルを提案するとしている。

2015年11月12日付1面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)