大和ハウス、津波避難スペース付き3階建て賃貸を津波浸水地域で展開

大和ハウス工業は、9月1日の防災の日にあわせて5メートルまでの津波による浸水から緊急避難するスペースを備えた3階建て賃貸住宅「セジュール オッツW―ev」を発売する。特徴は、階段室を建物と構造的に独立させた鉄骨ラーメン構造のタワーとし、屋上部分に緊急避難スペースを設置したこと。また、建物にも水圧や漂流物から受ける衝撃を軽減する工夫を行っている。同社の賃貸住宅(集合住宅)の受注は伸びており、4―5月は前年同期比で26%増と好調。賃貸住宅事業は今年度の重点投資分野とし、売上高で8500億円を計画している。「4月から毎月、新商品・バージョンアップ商品を出しており、今回はその第3弾」(堀福次郎取締役常務執行役員)とし、南海トラフ地震による津波対策が必要な関東から九州にかけての太平洋側を中心に展開する。年間200棟を販売目標としている。

2015年06月25日付2面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

あわせて読みたい

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)