SNSユーザー「家族とSNSでつながっている」が45・5%、オウチーノ総研調査

オウチーノ総研は16日、Line・Twitter・Facebookなど「SNS」に関するインターネットによるアンケート調査の結果を公表した。6日~7日の2日間、首都圏在住の20歳~39歳の独身男女553人を対象にインターネットによるアンケート調査を実施した結果、Line53.2%、Twitter50.1%、Facebook47.4%の人が利用と回答、いずれも利用していない人は23%だった。

また、SNS利用者のうちLine・Twitter・Facebookのいずれかで家族とつながっていると回答した人は45.5%、Lineで家族とコミニュケーションをしている人はLineユーザーの49%、家族のグループがある人は同22.1%などとなった。

同社は「家族のLineグループのある人の44.6%が『家庭内コミュニケーションが増えた』と感じているなど、SNSでより活発に交流を持つことは家庭内コミュニケーションの活性化にもつながっているようだ」と分析している。

住宅産業新聞は業界の幅広いニュースを掲載しています
定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

全国の話題から(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)