リフォーム瑕疵保険加入を原則義務へ、一定規模以上で、検討会骨子案

国土交通省は7日、一定規模のリフォーム工事における瑕疵担保保険加入の原則義務化などを盛り込んだ住宅瑕疵担保制度の見直しに関する骨子案をまとめた。

「住宅瑕疵担保履行制度のあり方検討委員会」(座長=村本孜成城大教授)を開き、とりまとめの骨子案を議論。骨子案では、既存住宅における瑕疵担保保険に関する事項のほか、瑕疵担保保険を提供する保険法人の指定時に公認会計士などの意見を聞くことや、保険加入や性能評価を受けていない住宅に対する専門家による相談体制整備などが示された。次回検討会は2月中旬~下旬の開催を予定し、今回の議論を踏まえた報告書案を提示する。

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

2015年01月15日付5面から抜粋
全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください
毎週じっくり読みたい【定期購読のご案内
今スグ読みたい【電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)