住まいるダイヤルでマンション建て替え相談受付開始 | 住宅産業新聞

住まいるダイヤルでマンション建て替え相談受付開始

マンション建替法広報事務局は、住宅リフォーム・紛争処理支援センターが運営している「住まいるダイヤル」で、1日からマンションの建て替えに関する相談サービスの受け付けを開始した。

改正マンション建替法が24日から施行されるのに伴う措置で、国土交通省の補助事業として実施。法改正で5分の4の賛成でマンションの敷地を売却できる制度や、除却認定をうけたマンションに対する容積率が緩和される特例が創設された。こうしたことから、一級建築士が相談員となり、住まいについての相談を受け付ける。マンションの建て替えや敷地売却などについても回答する。さらに、来年1月から電話相談のうち、法律や制度などの専門的な相談が必要な場合に、弁護士や建築士による無料の対面相談を開始する。

2014年12月11日付5面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

コメントを残す

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)