2014年度の政府予算案閣議決定、来年度も「フラット35S」継続、長期優良改修も計上 | 住宅産業新聞

2014年度の政府予算案閣議決定、来年度も「フラット35S」継続、長期優良改修も計上

政府は12月24日、2014年度予算案を閣議決定した。

国土交通省所管分は、国費で前年度比2%増の5兆1616億円となった。住宅・不動産・都市関連施策をみると、スマートウェルネス住宅・シティの実現に向けた支援として16%増の625億円、老朽建築物の建替え・耐震改修などの促進に128%増の232億円を計上した。また、地域防災の実情に合わせて自治体が利用できる防災・安全交付金は4%増の1兆841億円を計上し、緊急避難路沿道などの住宅・建築物の耐震化促進なども引き続き利用することができる。

また、最長10年間、金利を年0・3%引き下げる「フラット35S」も盛り込み、来年度も引き続き実施する予定だ。先に決定した補正予算案で出された長期優良化リフォームは14年度予算案にも盛り込まれた。

2014年1月1日付け13面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)