首都圏白書、これからの東京圏は既存住宅を有効活用、人口減・高齢化に対応した施策分析 | 住宅産業新聞

首都圏白書、これからの東京圏は既存住宅を有効活用、人口減・高齢化に対応した施策分析

これからの東京圏(1都3県)は住宅地の新規造成から既存住宅地の有効活用へ――。

太田国土交通大臣が11日の閣議に提出・了承された「平成24年度首都圏整備に関する年次報告」(首都圏白書)では、東京圏の人口構成・ライフスタイルの変化に対応した施策のあり方について分析した。東京圏では総世帯数が減少する反面、高齢世帯の増加が進み、農地からの宅地造成は減少。今後、既存住宅地の空き家が増加するおそれがあり、利便性の高い既存住宅地の再整備に重点的に取り組む必要があるとした。

また、東京40キロメートル圏より遠い郊外部で空き家継続期間が1年以上の割合は約49%に達し、約22%の東京都と比べ空き家継続期間が長く、賃貸住宅の空き家率でも都心で低く首都圏郊外で高い傾向になっている。

2013年6月13日付け5面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)