エコーネットライトがHEMSの標準インターフェイスに、規格をウェブで公開 | 住宅産業新聞

エコーネットライトがHEMSの標準インターフェイスに、規格をウェブで公開

経済産業省や大手家電メーカーなどで構成するスマートハウス標準化検討会は第2回会合を開き、これまでの検討内容について中間報告を行った。このうち、HEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)と太陽光発電システムや蓄電池、電気自動車、家電製品をつなぐ標準インターフェースに、エコーネットコンソーシアムが管理・運営する「ECHONET Lite(以下、エコーネットライト)」を推奨するとした。

これを受け、エコーネットコンソーシアムはこれまで会員限定で公開していた同規格をホームページ上で一般公開した。スマートハウス普及に向け、HEMSに関心を持つ中小企業やベンチャー企業のHEMS市場への参入を促し、スマートハウスの本格普及を目指す。

2012年1月1日付け11面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)