三菱電機、1週間以上の電気的自立を可能にするPV・EV連携システムの実証実験開始 | 住宅産業新聞

三菱電機、1週間以上の電気的自立を可能にするPV・EV連携システムの実証実験開始

三菱電機は、太陽光発電システム(PV)と電気自動車(EV)などの大容量蓄電池をHEMS(家庭用エネルギー管理システム)で最適制御することで、1週間以上の電気的な自立を可能にする「PV・EV連携システム」の実証実験を、大船スマートハウス(情報技術総合研究所内)で開始した。同社は2011年度から、三菱地所ホームなどのハウスメーカーと共同でHEMSの事業化に着手しており、PV・EV連携システムも早期の事業化を目指す。

同システムは、蓄電容量が15キロワット以上のEV1台と6キロワットのPVを新開発のPV・EV連携パワコンでつないだ。パワコンはエコーネットライトの無線通信アダプターが付いており、他の家電機器と同様に、HEMSと生活パターンセンサーによる最適制御が行われる。大容量の蓄電池と創エネ機器、家庭内の家電機器の最適制御により、非常時に1週間以上の電気的自立を可能とする。

2012年5月24日付け4面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)