住宅金融支援機構が住み替え支援ローン | 住宅産業新聞

住宅金融支援機構が住み替え支援ローン

住宅金融支援機構は、住み替えによる住宅取得資金融資「機構住みかえ支援ローン」の取り扱いを開始した。高齢者などが自宅を賃貸して、都心のマンションなどを購入する場合の資金を融資するもので、家賃収入でローンを返済する仕組み。融資の利用は、(財)高齢者住宅財団による保証を活用している一般社団法人移住・住みかえ支援機構が自宅を借り上げて、新規に住宅を取得する場合に限られる。融資はフラット35と基本的には同じだがが、安定的な家賃収入が見込めることから収入要件や年齢要件を緩和している。

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

コメントを残す

こんな記事も読まれています

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10MB)