国土政策研究所の調査=定住意向「避難所とは程よい距離」で上昇、住み続ける理由は自然環境がトップ、ワースト1は「買い物不便」

国土交通政策研究所は、7日に行った研究発表会で、定住傾向などについての研究から、災害避難所に遠すぎれば定住志向が弱まるものの、近すぎても人気がないことなどを発表した。研究員も「意外だった」などと指摘した。

當麻雅章研究員が行った都市の特性からみた定住傾向の調査研究は、都市機能の維持や人口動態と住宅特性の関係性の調査を目的とした。

徒歩圏内における日常生活サービスの充実度や歩道設置率、空き家の割合、公共交通機関の分布などを分析。医療施設や商業施設、敷設された歩道、公共交通の利用は、いずれも増加すれば転入も超過する相関関係にあった。

空き家は、逆に多ければ転入が低くなった。さらに、15都市が行っている各自治体独自の定住意向についてのアンケートも分析した。

分析によると、自治体の調査で「住み続けたい理由」の上位5位に含まれている項目で、最多となったのは、「自然環境に恵まれている」「自然環境が豊かで景観が美しい」など自然環境についての項目だった。

「買い物が便利だから」という買い物の利便性、「持ち家があるから」といった住宅事情や家族・親戚との関係性、「地域に愛着がある」など愛着の項目が続いた。

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

2022年06月14日付5面から抜粋
全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください
毎週じっくり読みたい【定期購読のご案内
今スグ読みたい【電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)