建設現場で二側足場を法令化=厚労省「幅1メートルで義務付け」 点検者は講習受講を要件、現場の墜落事故防止へ

厚生労働省は、住宅建築などの建設現場における足場の点検を強化するほか、二側足場を原則として、法令上明記する考えを示した。

建設現場での墜落事故を防ぐために有識者を交えて議論が進められているもの。足場設置のために確保できる幅として1メートルを基準とし、幅が満たないなど例外として一側足場認める範囲は今後具体的に定める。

また足場の点検について日々の作業前と組立後に分けて議論。特に組立後は要件を満たした点検者の義務付けを法令で規定することが提案された。要件で方向性の一致は得られなかったが、規定講習の受講者を軸に検討する。
【記事全文は本紙2月7日号に掲載】

2019年02月07日付5面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください

コメントを残す

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)