盛土や液状化懸念地盤の工法選択など講義、WASC基礎地盤研の「第8回基礎塾」 | 住宅産業新聞

盛土や液状化懸念地盤の工法選択など講義、WASC基礎地盤研の「第8回基礎塾」

WASC基礎地盤研究所(本社=大阪府茨木市、高森洋代表)は3月から大阪、4月から埼玉で、地盤に起因する戸建住宅の被害予防に関する知識習得の技術セミナー「第8回基礎塾」を始める。

講座は月1回の全9回で机上講習に加えテーマごとの実演を行う(開講式・修了式を含む回を除く)。講座では東日本大震災の教訓を踏まえ、重点テーマとして、(1)次なる震災に備えるために行うべきこと(2)盛土地盤での地盤調査と設計・工法選択のポイント(3)液状化発生が懸念される地域での建築と被災低減策――を扱う。(3)については同社が開発中の新工法「モールドセル工法」の説明も行われる。

2013年2月28日付け3面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)