ジャニス工業、新中期計画でジャニスブランドの構築目指す | 住宅産業新聞

ジャニス工業、新中期計画でジャニスブランドの構築目指す

衛生陶器メーカーのジャニス工業(愛知県常滑市、山川芳範社長)は、2015年を最終年度とする3ヵ年の第3次中期経営計画を策定した。

海外調達の強化やジャスト・イン・タイム生産システムによる在庫の圧縮、製造原価低減などにより黒字体質へ転換が図れたことから、今後はJanisブランドの構築を目指す。便器前面のフチをカットして清掃性を高めたフロントスリムや業界最小クラスのタンクレストイレなどの商品力で、自社ブランド製品の売り上げを伸ばすとともに、リフォームを新たな事業の柱とする。

中計は「需要を創造し、社会に広く認知されたJanisブランドの構築」をスローガンに、OEM販売が約6割を占めていた売上構成比率の改革に着手する。国内外の企業とのコラボレーションなどでリフォーム事業基盤の拡大を図る。さらに、衛生陶器メーカーとしての独自性を打ち出し、「世界一低コストの製造力」でユーザーニーズに応える需要創造型提案営業を推進する。

2012年5月17日付け6面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)