カナメ、施工性を向上させた屋根付き太陽電池の新モデルを発売 | 住宅産業新聞

カナメ、施工性を向上させた屋根付き太陽電池の新モデルを発売

カナメ(栃木県宇都宮市、渡部渉社長)は、屋根付き太陽電池をモデルチェンジした。製品名をPVウェーブパネルから「カナメソーラールーフ」に改めたほか、ケラバ部材のアルミ成型品化とワンタッチかん合の採用により、ビス固定作業をなくして施工性を大幅に向上させた。サンテック製の太陽光発電パネルに屋根機能を付加。架台部分が屋根となるため、新築時は別途の屋根工事が不要となるほか、リフォームにも対応する。

同社の屋根改修のノウハウを生かし、寄せ棟や入母屋などの複雑な屋根形状にも対応するほか、和風や洋風、瓦やスレートなどのさまざまな屋根に設置可能とした。

2012年5月17日付け6面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)