LIXIL、ビルダー向け設計サポート「スマートスケルトン」で耐震性と自由な開口を両立 | 住宅産業新聞

LIXIL、ビルダー向け設計サポート「スマートスケルトン」で耐震性と自由な開口を両立

LIXILは、木造軸組工法向けの設計サポートサービス「スマートスケルトン」の提供を開始した。開口部を耐力壁として評価できる新構造解析技術と開口部壁体ユニットにより、高い耐震性を確保しながら自由な開口部デザインを両立する。ビルダー向け設計サポートメニューを強化して、高品質な住宅建築を促す。

同サービスは、新構造解析技術「スマート構造解析テクノロジー」(特許出願中)と、同技術を採用した開口部壁体「KABEMADOユニット」(同)により、木造軸組住宅で耐震性を確保しながら自由な開口部デザインを実現する。

新構造解析技術は、同社と稲山正弘東京大学准教授が共同開発した。同技術は、釘のピッチや配列などの仕様により短期許容せん断耐力を求める詳細計算法と、応力解析法などの構造解析計算により、開口部回りの壁倍率を求める。

2012年4月19日付け6面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)