太陽光施工士立ち上げへ試行研修、資格創設は12年度以降に | 住宅産業新聞

太陽光施工士立ち上げへ試行研修、資格創設は12年度以降に

一般社団法人太陽光発電協会(川村誠代表理事、以下=JPEA)は、住宅用太陽光発電システムの施工研修を今年12月までに計40回開催する。研修は、JPEAが2012年度以降の開始を予定している「PV(太陽光)施工士認定制度(仮称)」の立ち上げに向けた試行的な研修事業。認定制度は、各メーカーが配布する個別IDとは異なり、太陽光発電に関する知識や技術の習熟度を非営利機関(JPEA)が認定・判断する。

座学中心だったこれまでの研修内容を発展させ、模擬屋根を使用した設置工事の実技指導を盛り込むなど、より実践的な研修内容としている。研修を通じてPV施行士認定制度の課題を抽出・整理し、今後の改善につなげる。

2011年4月14日付け6面から記事の一部を抜粋

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)