13年度のPV出荷統計、住宅向けは堅調 | 住宅産業新聞

13年度のPV出荷統計、住宅向けは堅調

一般社団法人太陽光発電協会(略称=JPEA、代表理事=下村節宏・三菱電機取締役相談役)は、2013年度(13年4月~14年3月)の国内の太陽電池出荷統計をまとめた。

モジュール総出荷量は12年度比で約2・2倍の約8・62ギガワットで過去最高を更新した。住宅用途向けは約2・36ギガワット(同26・6%増)と堅調な伸びとなっている。12年7月に開始した固定価格買取制度(FIT)の影響で、国内の太陽電池市場は活況が続く。買取価格が約1割減額された13年度も勢いは衰えず、FIT開始から13年度末までの1年8ヵ月間で、同制度の認定発電設備容量は約39ギガワットとなった。

これを受け、下村代表理事は「2020年の国内累積導入量50ギガワットは確実」との見通しを示した。

2014年06月19日付8面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)