太陽光発電協が長期ビジョン改訂、数年でグリッドパリティ達成も | 住宅産業新聞

太陽光発電協が長期ビジョン改訂、数年でグリッドパリティ達成も

一般社団法人太陽光発電協会(JPEA、代表理事=下村節宏三菱電機取締役会長)は、2030年までの太陽光発電産業の進むべきビジョンを示した「JPEA PV OUTLOOK 2030(FITが開く太陽光発電、普及の新しい扉)」をまとめた。

10年に発行した同ビジョンに、東日本大震災や固定価格買取制度(FIT)などの環境変化を反映。30年時点のPV国内累積導入量を従来の想定通り100ギガワットとした上で、FIT制度下での市場の変化、電力系統における制約とスマート化、電力システム改革の影響などを踏まえた。

住宅市場では、数年以内に発電コストが電力料金以下になる「グリッドパリティ」を達成。導入補助金の打ち切りによって一時的に導入量が減少するものの、30年まで安定的に拡大すると予測した。

2014年2月27日付け1面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)