フクビ化学工業、裁断くずを再利用した床下断熱材を発売 | 住宅産業新聞

フクビ化学工業、裁断くずを再利用した床下断熱材を発売

フクビ化学工業は4月1日、産業廃棄古紙を再利用した床下断熱材「フクフォームEco」を発売する。次世代省エネ基準(Ⅲ地域以南)を満たしており、住宅エコポイントに対応する。

原材料から埋め立てまでのライフサイクルCO2排出量は、グラスウール32Kと比較して約80%削減(1棟あたりのCO2排出量は101キログラム)した。発泡剤を使用しない水蒸気発泡技術を採用するなど、素材から加工までトータルで環境負荷を低減する。

フクフォームシリーズの特徴でもあるスリット溝によるアジャスト機能と不織布により施工性を向上。構造躯体とフィットしやすくエネルギーロスにつながるすき間ができにくい形状となっている。

製品寸法は、床組・モジュールなど全8種類をラインアップしており、特注サイズにも生産対応する。設計価格は3・3平方メートルあたり8300円(根太無し工法)。従来品(同性能で製造)と比較して、約2割程度価格を抑えた。販売目標は初年度2億5千万円。

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

コメントを残す

こんな記事も読まれています

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10MB)