ウッドステーション、ウッドデザイン賞の優秀賞受賞=「社会提案性のある取り組み」が評価

ウッドデザイン賞運営事務局が11月24日発表した「ウッドデザイン賞2021」の上位賞25点の一つとして、ウッドステーション(千葉市美浜区、塩地博文社長)が製造・販売する「木造大型パネル」に関する『木造大型パネルによる製造・物流・施工の合理化技術』が優秀賞(林野庁長官賞)に選ばれた。ウッドステーションでは受賞を木造大型パネル拡販のテコにしたい意向だ。

「木造大型パネル」は、構造材、面材、間柱、断熱材、サッシ、一次防水――などを工場で事前に一体化させたモジュール製品で、クレーンで現場に施工するウッドステーションの独自工法。構造材や面材、間柱、サッシといった前述の資材・部材を人手により現場施工する場合と比べて、(1)性能面および施工面の躯体品質の安定性向上(2)上棟以上まで1日で済むことによる工期短縮――などが特徴という。

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

2021年12月02日付4面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)