トップに聞く・ポラスグループ代表の中内晃次郎氏、プレカット事業「シェアトップ」の地位をより強化 | 住宅産業新聞

トップに聞く・ポラスグループ代表の中内晃次郎氏、プレカット事業「シェアトップ」の地位をより強化

ポラスグループ(埼玉県越谷市、中内晃次郎代表)は8月22日、グループのポラテック西日本が佐賀県唐津市にプレカット工場を新設する「進出協定」を、佐賀県および唐津市と結んだ。「進出協定」は唐津市内で、2017年5月に月産で木造戸建住宅約300棟規模のプレカット材加工能力を持つ工場を稼働させるもの。グループの九州へのプレカット工場新設は13年の富士工場(静岡県)竣工時点で「18年をメドに稼働させる」と既に構想を明らかにしており、グループの規定路線だった。その後、進出時期は需給環境の変化などから20年へ先延ばしにされたが、4月の熊本地震への被災対応で前倒しした。グループのプレカット市場シェア(加工実績)は現在11%強と全国でダントツのトップだが、20年までに20%へと、さらにそのシェアを倍に高める方針だ。進出協定式における質疑応答の場で、グループのプレカット事業全体の方向性と九州のプレカット事業のポイントを中内代表に質問した。

2016年09月01日付4面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)