2020年度住宅着工は約90万戸、16年度の93万戸ピーク=建設経済研が中長期予測 | 住宅産業新聞

2020年度住宅着工は約90万戸、16年度の93万戸ピーク=建設経済研が中長期予測

一般財団法人建設経済研究所は、建設投資の中長期展望の一環として2020年度までの住宅着工戸数と民間住宅投資額の予測を行った。

それによると、20年度の住宅着工戸数は90万3千戸とリーマンショック前の水準に戻らず、16年度の約93万戸をピークに100万戸に達することは難しいと推計。また、少子高齢化による単身世帯増加に対応した住宅供給の動きが中心となり、70平方メートル以下の住宅が09年度比4割増となる一方、120平方メートル超は2割減と見込んでいる。

住宅着工戸数は、今後も緩やかな回復基調が続くと予想し、15年に世帯数がピークを迎えることや中古をリフォームする消費者の浸透も考慮して、16年頃に着工戸数がピークと想定し、20年度は90万戸程度になると予想した。

また、1戸あたりの規模は小さくなる傾向にあるものの、耐震性の強化、省エネ化など住宅に対する課題は山積しており、住宅に対する投資を充実させる必要があるとしている。

2012年5月3日付け7面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)