全宅連調査の土地価格指数=連続プラスに、取引件数はマイナス、住宅用地「不足」の声も

全国宅地建物取引業協会連合会が行なった不動産市況DI調査によると、2021年10月の土地価格に対する指数(全国)は、5・6になった。

新型コロナウイルス感染症拡大で20年は一時2ケタのマイナスを続けたこともあったが、ここへきて3ヵ月連続でプラスとなり、土地取引価格は上向きになっているようだ。新築戸建てのDIも19・1となったほか、新築マンションも13・0とプラスになっている。

ただ、取引件数はいずれもマイナス。新築戸建はマイナス1・7で、新築マンションはマイナス3・6。

土地の取引件数に対しては、マイナス5・6となった。土地価格と件数のDIが異なる動きを見せているが、「新築および土地の商品が少なくなって、価格が上がり始めた」など、事業者からは今後の動きに不透明さを感じる声も聞かれている。

2021年11月18日付5面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

あわせて読みたい

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)