◎20年3Qの地価LOOK、コロナ響き下落続く、投資は様子見の構え◎ | 住宅産業新聞

◎20年3Qの地価LOOK、コロナ響き下落続く、投資は様子見の構え◎

国土交通省が19日に公表した2020年第3四半期主要都市の高度利用地の地価動向調査(地価LOOKレポート)は、横ばいの地区が減って下落の地区が増え、下方の傾向が継続している。新型コロナ感染症による影響。主にホテルや店舗などで需要減退が見られていることが下落の動向につながった。同調査では、11年の第4四半期以降は横ばいや上昇地区が多数を占めてきたが、それ以降初めて下落地区数が上昇・横ばい地区数を上回ることとなった。同省では、「マンションやオフィスの需給バランスには大きな変化は見られていない」との認識を示す。だが、テレワーク・オンライン授業によってオフィス空室率やマンションデベロッパーの行動にも変化があり、地価にも影響が現れ始めている。

2020年11月26日付5面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)