シリーズ「住宅と消費税」=住友林業和田賢住宅事業本部長、厳しい市場をチャンスに

住友林業の和田賢住宅事業本部長(取締役専務執行役員)は、住宅産業新聞のインタビューに応え、住宅受注について「当初の想定より若干厳しい状況」との認識を示した。

特に、同社のメーンターゲットである建替層にとって金利先高観の薄れが〝待ち〟の状況につながっているとしている。その一方で、税率10%アップも控えるなかで、「厳しい市場環境もチャンスと捉え、思い切った施策の展開につなげる」方針とした。

和田本部長は、消費税8%の駆け込み需要がピークとなった前年度第2四半期受注について「通常の状況では、これを上回る実績は上げられないような数字」と指摘。しかも、一時は戻り基調にあった展示場の来場者もマイナスとなるなど、「この影響は今後2年間は続く」との認識を示した。消費者側に〝待ち〟の姿勢が強まっていることも不安材料とみる。

2014年10月23日付1面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

全国の話題から(外部サイト)

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)