TOTO、病院・高齢者施設向けトイレ手すり

TOTOは、車いすから便器への移乗をスムーズにサポートする病院・高齢者施設向けトイレ手すり「前方ボード(スイングタイプ)」を12月1日に発売する。前後に可動するボードが、立ち座り、排泄などの一連の動作を支持する。

同社調査によると、サービス付き高齢者住宅などの車いすの使用を想定した施設のトイレは、室内での方向転換の手間を省くため、便器の後方に入口を設ける「後方アプローチ」型が増えている。後方アプローチの場合、体の回転が少なくなるメリットがあるが、便器前方に手すりなどのつかまれる器具がなかったため、車いす使用者の全介助と一部介助別に空間を提案しなければならなかった。

跳ね上げ式の前方アームレストは、座位保持機能のみだった。同商品は、後方アプローチでも立ち座りのサポートを可能とした。

2014年10月23日付4面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

あわせて読みたい

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)