市場に挑む=左右田鑑穂東建コーポレーション社長、分譲市場への参入も視野に

東建コーポレーションの左右田鑑穂社長は、分譲住宅市場への参入意思を示した。賃貸分野に特化していた事業スタイルを改め、耐震性に優れた重軽量鉄骨造と全商品バリアフリー仕様の工業化住宅を武器に事業の多角化を模索する。

――現在の市況と今後の事業方針は
円高やヨーロッパの金融不安など、世界経済に目を向ければ不安は残るが、国内の建築市場は概ね上向いている。特に、現在は2008年末のリーマンショック以降、最も良い状況だとみている。そこで当社は、新事業への投資として、重軽量鉄骨造を強みとする工業化住宅で分譲住宅分野に進出する計画だ。

2011年10月27日付6面から抜粋
全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください
毎週じっくり読みたい【定期購読のご案内
今スグ読みたい【電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

記事をシェアする

あわせて読みたい

ほかの記事も読む

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)