木材利用ポイントで「天井」も工事対象に、地域工務店「歓迎」と | 住宅産業新聞

木材利用ポイントで「天井」も工事対象に、地域工務店「歓迎」と

林野庁は13日、木材利用ポイントが付与される内装木質化工事の対象に新たに「天井」を加えることを決め、同日付で木材利用ポイント事務局のホームページで方針を発表した。

仕様要件など詳細は遅くとも今月末までに決定、内容を事務局HPで公表する。内装木質化の工事対象に天井が指定されることは、差別化要素の一つを木質感に置いている地域工務店の間で要望が根強かった。

東京で木軸住宅を供給するある地域工務店は「木材利用ポイントのスタート当初、実施すれば広い施工面積となる天井がなぜ工事対象とならないのか、わからなかった。周りの同業者の間でも『天井も対象だったら良かったのに』と残念がる声をいつも聞いていたので、今回の措置となって良かった」と話している。

2014年2月20日付け3面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)