木材利用ポイント、新築棟あたりの即時交換は最大15万円相当程度

林野庁は4月から、木材利用ポイント事業を始める。

新築木造1棟あたり30万ポイント(1ポイント1円相当)が付与される方向だ。付与されたポイントのうち、関連工事費へ充当する即時交換および全国的に利用できる商品券・プリペイドカードに交換できる範囲は、最大50%まで。半数以上は地域の農林水産品などへの交換が条件となる。関連工事費に充当できる即時交換の対象は、ポイント発行対象の工事以外で、木材を使う工事。具体例としては、木造で新築戸建住宅を建てた業者が実施する、(1)住宅の外構工事として木材を使った外構の施工工事(2)住宅の室内に作り付ける木材を使った棚や机の製作――などがあげられる。

林野庁は今後、対象とした「木造住宅」の定義とする、木造軸組・2×4・木質パネル――といった工法の選定、利用の申請受付日、制度の利用説明会の開催日などを、順次ホームページで公開していく。

2013年3月21日付け3面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

あわせて読みたい

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)