2014年正月の総展来場者、ほぼ「前年並み」水準確保、消費税後の受注期待感も | 住宅産業新聞

2014年正月の総展来場者、ほぼ「前年並み」水準確保、消費税後の受注期待感も

2014年を占う年初の住宅展示場への来場者の動向は、2日の初出から日曜日の5日までという前半の松の内が「ほぼ昨年並み」の水準を確保できたもよう。特に、昨年は消費税率アップへの情報収集に動きが出始めた時期でもあり、今回これに近い水準となったことは評価できる内容との意見は多い。

また、アベノミクスに代表される景気回復基調の中での9連休とあって、海外旅行などの増加に伴う来場減への懸念もあった。それだけに、担当者としては胸をなで下ろす状況となったようだ。また、4日間を通じて好天にも恵まれたことも大きかったという。

2014年1月16日付け1面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)