2012年度の全国建売分譲市場動向、下期に活況=金利先高観の顕在化で | 住宅産業新聞

2012年度の全国建売分譲市場動向、下期に活況=金利先高観の顕在化で

2012年度(12年4月~13年3月)の全国の建売分譲市場は、上期は不調だったものの下期は活況に――。

不動産市場調査機関のアトラクターズ・ラボ(本社=東京都千代田区、沖有人代表)は17日、独自調査「戸建分譲の2012年度市場動向分析結果」を発表した。調査をまとめた同社の松沢博シニアコンサルタントは、「12年度の全国の月別契約戸数平均は上期は月8千戸前後で推移していたが、下期は12月から年度末の3月までの平均が上期比で5千戸も増えて、1万3千戸レベルになった。アベノミクス・バブルの影響といえる」とした。

そしてその背景として、金利に先高観が出たことで特に2月以降、年収400万円台の層が大きく動いたことがある――と分析。13年度の全国の建売分譲の月別契約戸数の動きについて、「『需要の先食い』の反動と住宅ローン金利上昇の影響で下振れし、下期は再び8千戸レベルに戻る」と予想している。

2013年5月23日付け3面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)