ミサワGマザアス、小規模多機能とグループホームの複合住宅、事業ネットワークの柱に | 住宅産業新聞

ミサワGマザアス、小規模多機能とグループホームの複合住宅、事業ネットワークの柱に

ミサワホームグループで高齢者事業を担うマザアスの吉田肇社長は、千葉県柏市で運営を開始した、グループホームと小規模多機能ホームを合築した複合住宅について、「事業ネットワークの今後の要になる」との認識を示した。機能が異なる複数の施設を併設することで、入居者の要介護度の進行に応じた、異なるサービスを包括的に提供できるためだ。「住み慣れた場所に少しでも長く住み続けられるための仕組み」としている。

新たなビジネスモデルと位置づけるのが、このほどオープンしたグループホーム「マザアスホームだんらん柏・増尾台」と小規模多機能ホーム「マザアスホーム憩・増尾台」。患者数が増加傾向にある「認知症」がキーワードとなっている。

2012年3月1日付け1面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)