ミサワG、品川に複合型介護施設を受託・建築 | 住宅産業新聞

ミサワG、品川に複合型介護施設を受託・建築

ミサワホームグループが、戸田中央医科グループから受託した、複合型介護施設『carna(カルナ)五反田』(東京都品川区)が完成した。同一の建物内でサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)、在宅療養支援診療所、訪問介護、訪問看護、居宅介護支援事業所、小規模多機能型居宅介護、認知症グループホームの7つの事業を展開する新たな取り組み。東京都の「東京都医療介護連携型サービス付き高齢者向け住宅モデル事業」にも選定されている。

カルナ五反田は、ミサワホームが全体計画と監修、ミサワホームグループのマザアスが設計監理を手がけた。構造は、鉄筋コンクリート造地上9階建てで、延床面積2984・99平方メートル。6階(一部)~9階がサ高住(21戸)となった。

2014年12月11日付1面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)