三菱地所が省CO2認定の分譲マンション | 住宅産業新聞

三菱地所が省CO2認定の分譲マンション

三菱地所は、外断熱工法や太陽熱利用給湯システムなど、省CO2技術を採用した分譲マンション「吉祥寺エコマンション」(東京都武蔵野市中町)建設に着手した。一般的なマンションと比べ、マンション全体で13・3㌧のCO2削減(同社比)を見込むほか、各住戸が負担する光熱費も大幅に削減できる。同マンションは、グループ企業のメックecoライフとの共同企画。総敷地面積361・29平方㍍で、鉄筋コンクリート造地上4階建ての規模の建屋を建設する。先駆的な環境対応技術を導入しており、国土交通省の「住宅・建築物省CO2推進モデル事業」の認定も取得した。

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

コメントを残す

こんな記事も読まれています

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10MB)