大手企業、完工遅れで業績に懸念も、部資材や職人確保困難と | 住宅産業新聞

大手企業、完工遅れで業績に懸念も、部資材や職人確保困難と

東日本大地震によって、建築中だった住宅の完工の遅れが見込まれる状況となっている。大手住宅各社の生産拠点や営業拠点での被害は軽微なものであり、電力などライフラインの復旧でほぼ平常に復帰したが、部資材の調達や輸送燃料、職人の確保の困難さなど深刻な状況になっているためだ。

「顧客に対し、丁寧に状況を説明してご理解いただくしかない」(担当者)のが実状だ。被災地で供給した住宅の被害状況確認作業も思うに任せず、3月期決算企業の2010年度業績への影響の懸念も出ている。

2011年3月30日付け2面から記事の一部を抜粋

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部
住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)