3月大手受注、戸建住宅概ね「堅調」と、被災地以外が健闘 | 住宅産業新聞

3月大手受注、戸建住宅概ね「堅調」と、被災地以外が健闘

3月11日の東日本大震災以降、懸念されていた住宅市場への影響だが、3月の大手住宅企業の戸建住宅受注(速報値)は「概ね堅調」な状況となった。

住宅産業新聞が9社を対象に実施したヒアリングの結果で、震災の影響のなかったエリアの多くがプラスとなったことが要因。「東北3県は11日以降ほとんど営業にならなかったが、西日本の頑張りでカバーした」(竹中宣雄ミサワホーム社長)とみる。その一方で、展示場来場者がマイナス基調にあることによる消費者マインドの冷え込み、及び部資材不足に伴う完工遅れや資材価格高騰に対する懸念も出始めている。

2011年4月21日付け1面から記事の一部を抜粋

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)